今週の「浦和の調ちゃん」。
12

冒頭、いきなり調&常盤と彩湖&子鹿のクイズ対決。
2

さっそくかるたの「ん」。でもそれは無理やりぢゃないですか?(笑)
13

で、時は戻って数日前。

鉄道部でくつろいでるところへ生徒会長登場。
45

「鉄道部のクビ、とったり」って、いきなりなに言ってるんだ? 相変わらずな人だ(笑)。
6

で、生徒会長は目を通しておいてとプリントを渡します。が、渡した相手が常盤とは悪い。ほら、すぐに読まずにゴミ箱行きだ(笑)。
78

あわてて目は通そうと調が言うと「読んだうえで捨てると」と常盤。本当に生徒会長とは仲が悪いなぁ(笑)。
9

そのプリントの内容は生徒会主催のクイズ大会。
13

でもそれを見て悪い予感しかしないと常盤。「彩ちゃんだって、いつもいつも変な事しいてるわけじゃないよ」と調がかばっても聞く耳を持たない常盤。まぁ、彩湖が相手ぢゃ仕方ないか。本当に変な事ばかりしているし(笑)。
14

で、冒頭に戻ります。司会は「中山道次郎」。って、ここでもそれかい。と言うか誰だ、あんた(笑)。
15

「真の埼玉マニアを競うクイズ!サイタマニア」 って、オイ(笑)。
16

で、いきなり鉄道部対生徒会かい。仕組んだな、生徒会長(笑)。

優勝商品が紹介されると調と常盤の目の色が変わります。何だったんだ優勝商品?
17

「軽い気持ちで参加したこのクイズ大会で、あのような事件が起こるとは。その時の私達は夢にも思っていなかったのだった」
18

とナレーションを入れる調に子鹿がクレーム。「勝手に変なナレーション付けるな」「てへ、ゴメン」(笑)
19

で、次回決戦かい。見事なまでに時間が短すぎるわ(笑)。
20