さて、今週の「浦和の調ちゃん」。久しぶりに美園の登場です。

調が電車に乗ると美園。ご機嫌に見えた理由を聞くと「まだ1度しか電車を間違えていないですよ」。って、オイ(笑)。
12

こりゃ調に迷子の人と言われても仕方ないわ(笑)。

で、サブタイトル。誰が誰に? ま、想像はつくけど(笑)。
3

生徒会長も仔鹿と電車。同じ電車だと知らずに、前回のクイズ大会の罰について話します。
4

「風紀委員長があんなんなんだから、うちの学校がちょっとズレてるぐらい」「おい、お前。なんか今、失礼なこと言っただろ」(笑)
5

そこで生徒会長が「これはこれは先輩殿」と言うと「美園はお殿様なのか?」。って、食いつき方が違うんぢゃ(笑)。
6

「はは〜」「あたまが高いでござるぞ」(笑)
7

普通は「あたま」ぢゃなくって「ず」だぞ、美園(笑)。

ここで「突っ込んだら負けだ」と仔鹿。やっぱり突っ込もうとしたのは、このメンツでは仔鹿か(笑)。
8

調は調でみんなを美味しい鯛焼きに誘います。食べる事ばかりだな(笑)。
17

そこでテスト勉強は大丈夫かと生徒会長が聞くと耳を押さえて「あ〜あ〜聞こえない」と言う調。お前いくつだ?(笑)
9

「せめてテスト前くらいはした方がいいぞ」と生徒会長が注意すると「会長もたまにはまともな事、言うんですね」と仔鹿。ちょっとヒドイかも(笑)。
10

でも「いつもそのつもりだが」と言う生徒会長。仔鹿、ヒドくてよし(笑)。
11

駅を出て鯛焼き屋に向かう調と生徒会長。仔鹿も強制参加。
1213

どうしようと悩む仔鹿に「お前も迷子なのか?」と美園。
14

すると仔鹿の言葉。

「私は大丈夫ですよ。引っ張ってくれる人がいるんで」
1516

やっぱり仲がいいんですね、生徒会長と仔鹿。

ところで調と生徒会長の会話。

「お前ってつぶあん派なの? マジでか、わかってねぇな。やっぱカスタード一択なわけよ」「そうかな? 鯛焼きと言えばやっぱつぶあんでしょ? 間違いない」

私はオヤジなので、つぶあんです(笑)。