今週の「旦那が何を言っているかわからない件」は、最終回も近いのでカオルの思い出話。しかも旦那と出会う前。

販売も経験しろと言われて、嫌々ながらも移動したカオル。「客商売は苦手だ。自分の中から何かが減ってく気がして」
1

「それでもお酒飲んで、煙り吸って、テレビ見てれば大丈夫って思ってた。大丈夫って言っとけば、うまくいくって」
23

そんな中、田中さんが結婚。おめでたい話なんだけど素直に喜べない自分がいる。「めでたい、うれしい。それなのに、なんであたしあせってるんだろう」
45

家に帰っても誰もいない、六畳一間のボロ部屋。「このまま1人で死ぬまで暮らすんだろうか」
6

「大丈夫なわけないじゃない」
7

そこで目が覚めるカオル。当然、隣には旦那。
8

「ねぇ、あたし…あんたが好きだわ」
910

「人は1人では生きて行けないのだ」
11

そしていつもと違うエンディングの後、思い出す昔の事。
1312

「バイトの面接? なにこの履歴書」
1514

さて、最終回前の次回はどうなるかな?