さて、今週の「デンキ街の本屋さん」の第3話。時期に関係なくクリスマスに始まる年末年始のお話です(笑)。

クリスマス。当然うまのほねでもコスプレで接客。担当は腐ガールとひおたん。そしてソムリエと海雄(笑)。
12

トナカイの腐ガールはともかく、ひおたんのサンタガール姿に本当にそれでいいのかと言うカントク。そのわけは白タイツ。あ、要はそれで雪の降る外は寒いってわけね。最初っからそう言ってやれよカントク(笑)。
3
45

ところで腐ガール、どこに乗ってるの。しかもトナカイがサンタに乗るとは(笑)。

クリスマスだからと発売をアピールするのは「Die Heart 2」って、オイ(笑)。
6

しかもコンシューマー移植版でエロゲーでは無い(笑)。

それでもクリスマスに似合うと言ったカントクの言葉の意味が分からないと言うひおたん。そのひおたんにカントクが説明。

これは1年前に売られた大人気美少女ゲームの続編。つまり楽しみにしていた人にとって恋人と再会してクリスマスを迎えると言う事。恋人って…(笑)。

「会えない日々は長く、そして辛く。もう2度と会えないんじゃないか。そんな不安と戦って…そして2人は聖夜を過ごす。これ以上のロマンチックがあるだろうか?」(笑)
78

そう言われて「ちょっと知ってたからって、いい気になってました」と涙ぐむひおたん。そんなひおたんを頭を撫でるカントク。いい雰囲気なんだけど、後が良くない。
9

「まったくひおたんは使い易いぜ」(笑)
10

そして交代して普段着に着替えるひおたん。「ひおたんってさ、彼氏とかいるの? じゃあ付き合ってよ」って、聞き方と時期がよくないぞカントク。本当にひおたんイジリが好きだなぁ(笑)。
11

その理由はカントクの家で店員を迎えてやるクリスマスパーティーの飾り付け。
12

本格的な飾り付けに感心するひおたんにカントクの一言。「去年までこう言うのが好きなヤツがいたんだよ」

しかし窓に貼る雪の結晶を描いた紙。それを切り抜いて自分の手も切るな。不器用だぞ、ひおたん。カッターナイフで切ると痛いんだよね(笑)。
13

準備万端でみんなを迎えます。
1415

そしてカントクのクリスマスパーティはコスプレ必須(笑)。
1617

そしてひおたんが空気も読まずに先生のコスプレの感想を海雄に聞くから、2人は真っ赤(笑)。
18

さらに便乗してみんなで先生に可愛いと言い続けるから…ほら、先生のキャパが崩壊した(笑)。
1920

で、記念撮影。でもカメ子は撮影する側で写りたがらない。それでもカントクが無理矢理真ん中に入れると「真ん中は魂を取られるぅ」って、オイ(笑)。
21

さらに帽子を脱がそうとすると思いっきり拒否。そういえば普段も常に帽子かぶってるね。
22

そう疑問に思っていたら…帽子の中からうまい棒。って、オイ(笑)。 
23

みんな恋人がいないなんて寂しいヤツらだなと言うカントクに「僕、彼女いますんで」と言う海雄。
2425

あ、お前もDie Heart 2を恋人と言い切るタイプか(笑)。
26

しかも翌朝まで語るな海雄。まぁ、よくいるタイプだけど(笑)。
2728
29

みんなが帰った後に後片付けをする休日のカントク。マンガに熱中して帰らないひおたん。
30

そして朝9時なのに風呂上がりでタオル1枚でいるカントク。まぁ、昨日はパーティーでお風呂に入っていないしね。でも上半身裸はひおたんが…「ちー?!」と反応。第1話でもBL本の乳首を見て反応してたね(笑)。
3132

マンガに熱中して昼を迎えるひおたん。そこでカントクがお手製の昼飯。かなりの自炊派。その美味しさに、ひおたん感激(笑)。
3334
35

マンガが終わったと思ったら次はゲーム。ひおたん、帰る気まるで無し(笑)。
36

そしてクリアする頃には夕方。今度は材料も無いんで外食。

そこでひおたんが本音。「せっかくの休みに家で1人でいるの寂しくて」 

「今日は楽しかったです。また来てもいいですか?」
3738

そして食事をして戻ると隣にひおたん。「また来たんですよ」って、オイ(笑)。
39

続きはPart.2で(笑)。