今週から始まった「さばげぶっ!」。肝はなんといってもナレーションの「玄田哲章」さん(笑)。

だいたい一番最初に「こんなタイトルだけど、リアルなサバゲーを期待してるなら無駄なんで。TV消して寝た方がいいよ。見てから文句言っても一切聞かないから…」だもんなぁ(笑)。
1

「転校、それは新しい人生の始まり。新しい制服に身を包んだこの少女もまた、今、新しい経験を向かえていた」って、痴漢かい。それを玄田さんの声でやるな。あ、でもこの玄田さんはまだ序の口です(笑)。

痴漢は謎のエアガンを持つ女性に追い返してもらいますが、結果的に駅員に連れられて行くのはこの女性の方。まぁ、車内でエアガン振り回してりゃ、しょうがないか(笑)。
2

そして痴漢は自ら締め上げる女子高生。これが主人公の園川モモカ。
40

転校初日、目立ちたくなくてかなりぶりっ子しているモモカ。
4

その目の前に電車であった女性。思わず後をついて行きますが、そこにはいかにもな感じのところにある「さばげ部」。
5

おまけにトラップに引っかかるモモカ。って言うか、学校でトラップしかけるな(笑)。
6

そしてモモカをスパイ扱いするあの女性は鳳美煌。ある種の変人かと思い気や、校内ではかなりの人気者。
11

で、自分達を紹介する美煌、経堂麻耶、春日野うらら、豪徳寺かよですが、その途中に玄田さんの声で「心技体をくっする本格的ゲーム」と入れるのはいいけど、モモカに「途中の野太いおっさんの声、誰?」と突っ込ませるな(笑)。
78

美煌の手ほどきでエアガンを初めて撃つモモカですが、最初からど真ん中を撃ち抜くかなりのセンス。で、美煌に目をつけられるようになります。黙って入部届けにサインさせるくらいだもんね(笑)。
9

で、次の日の朝。「少女マンガみたいな出だしだが問題無し。これでも「なかよし」連載のれっきとした少女マンガなのだから」…この当たりから玄田さんのナレーションがおかしくなって来ます(笑)。

そしてパンを加えて遅刻しそうだと走り、角で人にぶつかると言ういかにもなシチュエーションですが、相手は美煌。しかも朝から戦闘服(笑)。
10

そして結果的に美煌と一緒に登校した事でクラスメートに目をつけられ、以後イジメられるモモカ。

そこで玄田さんのナレーション。「案ずるな。この作品は断じて鬱アニメではないぞ。まったく、ちょっと暗い展開になっただけで鬱だ鬱だと騒ぐ最近の若者のメンタルな弱さには困ったものだ」 だんだん本領が発揮されて来た(笑)。

そこに美煌が助けに入りますが、何故か屋上からバンジージャンプ。本人はラペリングだと言ってますけどね(笑)。
12

で、イジメる側の言い分を聞きますが、それを諌める美煌。そして謝るクラスメートですが、それで許すモモカぢゃない。「いいよ謝らなくて…謝られたらやりにくいじゃない」 と言ってモモカによるやり返し。はい、ぶりっ子終了です(笑)。
1314
1516

で、玄田さん。「やられたらやり…お、うん、これが園川モモカの流儀だ」(笑)

で、美煌がモモカにメロンパンを…って、薬入りかい。そしてモモカを操って(?)入部届け提出と…なんてヤツだい。せっかくモモカが美煌を見直してたのに(笑)。
1718

そして次はさばげ部のみんなで渋谷にお買い物…って、女子高生が入る雰囲気の店ぢゃ無いって(笑)。
19

おまけに店の中までディスプレイに凝ってるし、奥にいる店長はどう見てもシュワちゃん。当然、声は兼ね役の玄田さん(笑)。
20

自分の購入するエアガンをモモカが選んでいると「それは装備出来ない」と言うムックもどき。ムックもどきの中はかよ。ギリースーツだそうです…って、どう見ても偽装にはなんないだろ(笑)。
21

おまけに同じクラスなのにモモカが気がつかなかったと言えば、始めからムックもどきの姿だったそうです。目立つけど、かよとは思えないもんね(笑)。
22

ちなみにかよはサバゲーには興味ないけど、コスプレには興味があるそうです。サバゲーがコスプレねぇ(笑)。

さらに真耶はさすがはバイトでグラビアモデルをやっている姿(笑)。
23

そしてかよが言った理由を「18歳用だからな」と美煌が教えます。

ここで玄田さん。「青少年健全育成条例によって18歳未満は所持出来ない銃もあるぞ。これ以上は自分で調べろ。なんでも人に頼るな」(笑)

で、店の地下に市街戦を想定したサバゲールームが…って、どんな店ぢゃい(笑)。
2425

そこでモモカと美煌、そして真耶とうららとかよに分かれてモモカは初のサバゲーに。そこで撃ち合い血を流すシーン…と思ったら「待て。BB弾で何故こうなると思う突っ込み盛りの諸君。これはモモカ達の妄想である。あくまでイメージだ」と玄田さん(笑)。
2627

そして最初に見せたように抜群のセンスで真耶とかよを倒すモモカ。そして最後にはうららに倒された美煌を足で踏み台にして逆にうららを倒すモモカ。
2829

で、店にある風呂(しかも大浴場)に入るモモカ達…って、本当に何でもあるなぁ、この店(笑)。
30

そこで美煌が自分に撃てぬ銃は無いという「選ばれし者」の理由を教えます。「単位不足で高校留年。すでに18歳の私に撃てぬ銃は無いからな」って、オイ。笑顔で言うな(笑)。
31

そして最後に予告の玄田さん。「視聴者諸君。このアニメはずっとこんなノリだから、これサバゲじゃないよねとか、真面目にサバゲするふりぐらいしろとか言うんじゃない。わかったな。じゃあまた次回に戻ってくるぜ」

って、日本語にしてるけど、つまり「I’ll be Back」って事だよね? そこまで玄田さんにやらせるんかい(笑)。