さて今週の「健全ロボ ダイミダラー」の第9話です。

いきなりどこかの戦争で荒廃した国。そこに居るのは幼いリッツ? そしてペンギン帝王。

「もう戦争は終わったよ。でも今の方がもっとヒドい。だって、ダディもマミィも戦争で…」
「そうか…これからどこへ行く?」
「わかんない…でも、ここにはいたくない」
1

そしてペンギン帝王について行く幼いリッツ。

「なぜついて来る」
「ひとりぼっちだから」
「それは自分のことか? 私のことか?」
「あなたが決めていいよ」
「じゃぁ、両方ってことにしておこうか」
「やさしいのね、ペンギンなのに」
「違うぞ、ペンギンだからだ」
「そっか、ペンギンは優しいんだ」
23
45

そして街が見えるところで別れを告げるペンギン帝王。

「私は私のファミリー達を残してここへやって来てしまった。帰らねばならん。そしてそのために果たさなければならない目的もある」
「だったらあたしもペンギンになる」
「君は君のファミリーを見つけなければいけない。あそこへ行けば仲間が見つかるだろう。目的のために資金集めをしていてな。これはそのほんの一部だが、生きる足しにはなるはずだ」
「生きる?」
「そうだ。強く生きるのだ。君にはそれが出来る」
「また会える?」
「いつかその機会もあろう。さらばだ、幼き人間よ」
「必ず…必ずまた会いに行くからね…ペンギンさ〜ん」
67
8

えー、これはダイミダラーですよね? あ、リッツの昔の記憶ね。で、ペンギン帝国に突然来て今のファミリーがいると。納得。

一方、ペンギン帝王も昔を思い出します。それは人間に敗北した記憶。そこに高純度で沢山のHi-ERo粒子の反応を持って来るマカロニ。それは別次元の地球。

そして別次元の地球へ飛ぶための装置を作るペンギン帝王。それがペンギン装置。でも試作なのに誤って動かしてしまい、自ら今の地球へ飛ばされる事に。なるほど、今までのつじつまが合いました。

しかし、これダイミダラーだよね。なに、この真面目な展開。

その頃、又吉長官と3博士はこの前のペンギン帝王の宣戦布告を見直します。「こんな時に真玉橋がいてくれたら…」
9

その孝一は先の戦いで敗北。そして爆発の高熱でダイミダラー2型孝一と共に蒸発。残ったのは左腕と今も眠る恭子だけ。

何度も言うけど、これ、ダイミダラーだよね?

あ、「その通りだな。済まなかった…2人をもっと信用しよう」と又吉長官が言ってる側から霧子と将馬がキス。「超うぜぇ」。大丈夫です、いつものダイミダラーに戻りました(笑)。
1011

一方、ペンギン帝国では転送して来たフンボルトのペンギンロボット、超南極が起動出来ない。でもそのフンボルトは実は一緒に転送されて来ていてペンギンコマンド相手にエッチの真っ最中。おまけにペンギンコマンドによりバストは70弱のペチャパイと判明…って、オイ(笑)
12

ペンギン帝国には人間は入れないと言ったのにペンギン帝王様の嘘つきと言うリッツに、フンボルトは人間ではなくフンボルトペンギンを素体にした人造人間だと言うペンギン帝王。
13

ただし人間体に生成した時に発情期であったので非常に好色…なんだかなぁ(笑)。
14

「あぁ、帝王様。相変わらずのご壮健ぶり、臣下として喜ばしい限りです」「取りあえずその小さな胸を隠さんか」(笑)
15

そしてフンボルトが自ら操縦すれば足りない「ペンギン線」も補えると言いますが、操縦の仕方が分からない…あ、ペンギン装置のせいで操縦の仕方を忘れたんだ(笑)。

ペンギン線さえ補えれば自分が操縦するのにと言うリッツに、Hi-ERo粒子ジェネレーターを使えばと言うペンギンコマンド。でもあれは使ってはならないと言うペンギン帝王。それは前回、リッツが暴走して危険な目にあったから。

平行世界でも、ちょっと前にHi-ERo粒子ジェネレーターを持つロボットが現れたと言うフンボルト。ただし向こうの世界では役に立たなかったとも。
16

でも、Hi-ERo粒子ジェネレーターを搭載するには多大な資金と労力が必要。そこで自分たちのエロ本を質に出せば資金は稼げるし、労力は自分たちが頑張ると言うペンギンコマンド。これも全てファミリーであるリッツのため。
17

でも資金になるって、どれだけ溜め込んでいるんだエロ本(笑)。

しかも合言葉の「つわリッツ」はねぇ(笑)。

で、今回のアイキャッチ。当然、リッツ(笑)。
18

質に入れたエロ本を見送るペンギンコアンド。ちなみに今の若い人には「CORO」と言っても何のパロディかわかんないよ(笑)。
1920

そしてリッツはフンボルトによりペンギン帝国式拳法を伝授。しかし、なぜ下はパンツと見まごう姿?(笑)

おまけに「恥ずかし固め」って、オイ(笑)。
21

そして「烈風ペンギン突き」でリッツの道着は木っ端みじん。
2223

「大地を割り、天を裂き、股を裂く。ペンギン帝国の歴史において真の強者が会得して来た剛の技よ」って、股は裂かなくても(笑)。
2425

そしてペンギン帝国式拳法を会得した頃、超南極もHi-ERo粒子ジェネレーターの搭載が完了…って、その姿はどう見ても南極8号。どうすればこうなる(笑)。
26

でもフンボルト曰く、南極8号リッツカスタムを素体に超南極を疑似召還する仕組みだとか。
27

そしてフンボルトは自分の世界へ帰って行き、リッツが出撃。霧子と将馬がダイミダラーで迎え撃ちます。
30

しかしフンボルト、今度は服を置いて行くとは…向こうの世界に着いた時はパンいち(笑)。
2829

そしてペンギン帝王の心配事。「向こうの世界から呼び出した兵器に人間の作りだしたHi-ERo粒子ジェネレーターを取り付けていいものなのだろうか」
31

南極8号リッツカスタムⅡを圧倒するダイミダラー6型霧子。それを見て「やっぱりパワーが段チね」「旧型はしょせん旧型」と言うもり子博士とそり子博士はともかく「そこよ〜そのまま押し倒してお嫁に行けなくしちゃえ〜」と言うせわし子博士は相変わらず(笑)。
32

さらにダイミダラーを変形させてダイミダラー6型霧子ディスガイズへ。そして必殺技ダイミダラーCPスラッシュで南極8号リッツカスタムⅡの頭部を吹き飛ばします。
33

でも勝負はこれからと言うリッツはまずは恥ずかし固め。霧子は思わず悲鳴をあげますが「惑わされるな喜友名霧子。お前の股が広がってるわけじゃない」と又吉長官(笑)。
3435

そして恥ずかし固めのまま空に飛んだのでまた自爆するのかと思えば「ペンギンまみれの理想世界を作りあげる日まで朕は生きる。死んだりなんかしない、決して」。それはあの日ペンギン帝王が言った言葉。「強く生きるのだ」
36

空にあがったのは街に被害を及ぼさないため。そして新しい力を見ろと言ってHi-ERo粒子を活性化させるリッツ。
37

その頃、リッツのHi-ERo粒子の活性化に伴うように反応する恭子とダイミダラー2型孝一の左腕。
3839

と、ここまでで今週はおしまい。来週に続きます。うん、ダイミダラーらしくない展開(笑)。