さて「極黒のブリュンヒルデ」第7話です。

叔父の小五郎に依頼した内容は2つ。1つはもちろん鎮死剤の複製。
1
でも普通は早くても半年はかかると言われてしまいます。対して残りの鎮死剤は1ヶ月分。残る可能性は有効成分が結晶性の化合物であること。それなら1ヶ月で複製する事も可能だと小五郎は言います。そして有効成分が結晶性かどうかは1日あればわかると言われて鎮死剤を預けます。

そして2つ目の依頼は宇宙人の受精卵。そう言われて寧子から預かったものの中身を調べて欲しいと依頼します。
2

その夜。寧子は皆んなに報告をします。そしてわずかだけど生きることに希望が持てる事を喜ぶ4人。
3

鎮死剤がいくらでも手に入るなら夢も叶うかも知れないと言うカズミ。カズミの夢なんてエロい事だろうと佳奈に言われますが、本当にそうかな?

そしてすべて良太のおかげだと言う佳奈。でも良太に頼りっきりでいいのかとカズミが言いますが、良太は寧子が好きだから大丈夫と言う佳奈(笑)。

でも寧子は良太が好きなのは自分ぢゃなくてクロネコだと訂正します。クロネコ=寧子なんですけどね。でもその話を聞いてカズミは何かを思ったようです。
45

次の日、学校で良太に会うとカバンで引っ叩いて挨拶をするカズミ。そのカズミは良太としか話をしないとクラスメイトに言われます。当然、良太はクラスの男子の嫉妬を一身に受ける身(笑)。
6

一方、寧子はクラスの女子にカラオケに誘われます。とりあえずOKしますが、良太に質問。「マラムケって何?」って、オイ(笑)。
7

カラオケの事を知って焦る寧子ですが、良太は寧子の鼻歌の件を持ち出して歌えるだろと揶揄します…ほら、真っ赤になった寧子の破撃を食らった(笑)。
89

でも寧子にお金を渡して、たまには普通の女子高生みたいな事をして来いと言う良太。そして寧子は良太と指が触れてドキドキしてしまいます。でも自分の感情に戸惑う寧子(笑)。
1011

で、カラオケでクラスの男子にマイクを握らされてその手を掴まれますが「私、あなたに手を握られてもドキドキしないの、どうして?」と天然ゆえのカウンターパンチ(笑)。

そして歌う歌は何故か荒城の月(笑)。

一方、良太はその頃アルバイトの家庭教師。でも寧子が気になって早めに切り上げます。もっともその生徒の女の子には思いを寄せられているみたいですね。以外にモテるのかも(笑)。

そしてカラオケ屋でトイレに出て来た寧子とばったり鉢合わせ。お互いに赤くなる2人ですが、お前に会いに来たわけぢゃないと照れる良太の言葉に残念そうにする寧子。
12

楽しいかと良太が聞くと「うん」と相づちを打ちますが、顔は楽しそうではないですね。さらに帰ると言った良太を追いかけるような視線。これで寧子、自分の気持ちに気づいてないんだもんなぁ(笑)。
14

自宅に帰った良太の元に小五郎の電話。でもそれは残念な報告。

次の日、天文台へ行くとカズミが水着。暑くてガマン出来ないんだと言いますが、上はノーブラだと余計な事を言うのもカズミ。おまけに良太も「いつもと違いがわからない…」と言うからカズミに蹴られる。もうこれ、定番のボケツッコミになってきたなぁ(笑)。
1516

そして寧子と小鳥も同様に水着。その小鳥の巨乳に思わず見とれて寧子に「なに見てるの?」と咎められる良太。いや、寧子の無意識のヤキモチか(笑)。
1718

一方、パソコンを修理しているカズミに気付く良太。その 交換用の部品を明日アキバに行くからついでに買って来ると言えば、自分もついて行くと言うカズミ。嬉しそうなカズミを見て良太と一緒に出かける事が羨ましい寧子。
1920

そして小鳥にどんなことでもいいから研究所のことを教えてくれと言う良太。そして小鳥が話す研究所が作られた理由。それは100年ほど前に見つけた宇宙人の遺跡。そして小鳥が宇宙人と会っている事も確認します。その宇宙人は筋肉と内蔵だけの固まり。それならば自分も見た事があると佳奈。
21

沙織の死んだ時に見たのが宇宙人かと思いますが小鳥は違うと言います。

そしてもう1つの噂。それは人類を何度でも殺せるほどの魔法を持っているSクラスの魔女の存在。それは「ヴァルキュリア」。死者を冥界へ連れて行く女神。
2425

その時、逃げた時に茜に言われた事を思い出す寧子。「でも、これだけは忘れるな。この世を破滅から救えるのはお前しかいないんだ」

そして自分はそのヴァルキュリアを倒さなきゃいけないのかも知れないと寧子。
26

そこで佳奈が言いにくい事を良太に聞きます、それは鎮死剤のこと。
2728
2930
でもダメだと知っても希望を持たせた良太を責める事はしません。逆に自分たちに間に合わなくてもこれから逃げて来るかも知れない魔法使いには役に立つと言う寧子。

でもカズミはその場を離れて1人涙します。「そっかぁ、やっぱ薬あかんのかぁ」
31

一方、研究所では所長が報告。それは新たに3体分のハーネストとドラシルを回収したこと。その際、キカコは1107番の魔法使いを目撃した事。
2223

「まだ生きていたとは」「まずはグラーネの回収が最優先だ。1107番の生死は問わん」

そして所長を退席させてお互いに話をします。

「九に任せていいのかね?」「研究者としては優秀な男だ。この計画には欠かせない。それにもう長くはかからん。遺跡の発見から1世紀。我々の大願が成就する日も近い」

九所長は「グラーネを回収する。奈波を使うから準備しろ」と言います。

次の日のカズミは昨日と打って変わって明るい表情。アキバにつくと一度来たかったと大はしゃぎ。
32

でもエロゲーを売ってる店を見つけて「あそこにおるの、みんな童貞か?」って、大声で言うな。だから良太に「おまえだって処女だろ」と言われるんだ(笑)。
33

で、値段は高校生の良太には高いですが、カズミの力には世話になっていると奮発して部品を買います。さらに始めは反対したメイド喫茶にカズミを連れて行きます。そこでオムライスが食べたいと言い出すカズミ。そしてメイドさんにケチャップで書いてもらう言葉は「忍」。なんで?(笑)
3435
36

そのあと良太にオムライスをスプーンで食べさせようとしますが恥ずかしがる良太。その良太に「あたしな…あたし今日メチャメチャ楽しいわ。生まれて来てから一番楽しいかも知れん」と飛びっきりの笑顔で語るカズミに良太もオムライスを食べさせてもらいます(笑)。
37

そして良太の目的。それはあの端末の電源を入れる事。ここなら逆探知されても似たようなものが多いので逃げるくらいの時間は稼げると良太。
38

そして電源を入れるとドイツ語の文字を表示した後、スクロールさせて表示されるどこかの地図。
3940

そしてハーフのカズミには文字が読めます。その内容は「いますぐ魔女共を殺せ。ならば真実を伝えよう」
41

さぁ、鎮死剤が手に入らなかった良太達は次の手がかりを見つけました。果たして吉と出るか、凶と出るか? 研究所? それとも宇宙人の遺跡?