今週の「のうりん」第8話は再びおバカ回。しかも主役はベッキー(笑)。

今週はあまりにおバカなんで、その分、ナレーションの耕作はひたすら特筆すべきことは何も無い日誌を書きます…いや、これが日常なのかも…だとしたらカオスな学校(笑)。

朝、トウモロコシ畑の手入れをする耕作の元に胡蝶が。その目的は継の夏休みの予定を聞き出す事。なのに継に直接聞いちゃいます…乙女心がわからんやつだなぁ(笑)。おまけに継が寮にいると言うと海に行こうと言います…胡蝶も誘って。となれば「に、に、にゃにを言うか、どうして私がきしゃまらなどと海へ行かねばにゃらんのだ」「きしゃま〜本人を前にしてそんなこと聞くか、テテテテテ、テロ行為だ、これは悪質なテロ行為だ」 とデレ(笑)。
新規プロジェクト1新規プロジェクト2

そこに鳥や動物がいなくなる雰囲気。と、現れたのはバイクに乗ったベッキーこと一人神…って、オイ。ジブリに怒られるぞ(笑)。
新規プロジェクト3新規プロジェクト4

しかも「リア充はいねかぁ」「リア充、死ねぇ」って女子だけを追いかけ回して…ベッキーもいい加減にしなさい(笑)。耕作も「初々しい恋心がヤツを呼び寄せてしまったというのか」って、わかっていたならもう少し胡蝶に配慮してあげなさい(笑)。
新規プロジェクト5

継も「静まれ、静まりたまえ。さぞかし名のある職員室の主と見受けたが、なにゆえそのように荒ぶるのか」と乗るんぢゃない。耕作の言う通り単に恋人がいないだけだって(笑)。

そして逃げ後れた林檎、農、胡蝶に襲いかかるベッキー。
新規プロジェクト6
でも間一髪、継が間に合ってトウモロコシの茎でベッキーを撃退。田んぼに飛ばします。で、ベッキーはそのまま田んぼに沈んで行きます…って、ねぇ(笑)。
新規プロジェクト7新規プロジェクト8

次に朝のホームルームでの女子の胸の話。胡蝶の胸のサイズを農が聞きにきます。おまえも十分、大きいけどね(笑)。
新規プロジェクト9
当然、胡蝶が答えないでいると、耕作や継達がおバカなことを言い出します。「良田さんのオッパイはHカップとかIカップとか、そういうみみっちい分類に収まるものじゃない」「それでもあえてカップで表そうと言うのであれば、それは…ワールドカップ!」「ちっぽけなブラと日本を飛び出して世界に羽ばたくワールドワイドオッパイなんだよ」って、おまえらなぁ。胡蝶も肩ふるわせって怒ってるぞ(笑)。
新規プロジェクト10新規プロジェクト11

さらに耕作達に対抗してチッパイ派まで現れる始末。何だ代表の炉裏板といういかにもな名前。しかも男子は父性本能に目覚めるものだと言われてロリータに目覚めるな継、胡蝶が悲しむぞ(笑)。それから「まったく、小学生は最高だぜ」って、他のアニメのセリフを言うんぢゃない、ロウきゅーぶ!に怒られるぞ(笑)。
新規プロジェクト12

耕作もお前はどうなんだと言われて「正直なこと言うと、僕はオッパイより足の方が好きなんだよね」とか言うな。しかも「黒ニーソに包まれた女の子の足の裏とか、夏場の蒸れたゴム底に長時間突っ込まれていた女の子の足の香りとか」と言う変な趣味を林檎で妄想するんぢゃない(笑)。
新規プロジェクト13新規プロジェクト14

そこにベッキーが出席を取りに現れますが生徒全員の「うるせぇアラフォー」「見苦しいんだよ若作りが」に切れます。でも切れてすることが「燃えろ私のガイア。アラフォー幻魔拳」って、聖闘士星矢ぢゃないちゅうの。背中の羽根って実は一輝と同じ意味だったの?(要)
新規プロジェクト15新規プロジェクト16
そして耕作達も「この世にカップルがはびこるとき、必ずや現れると言う孤高の存在。その拳は婚期を逃し、その蹴りは独身を貫く。若さへの嫉妬の炎に身を焦がしつつ、何度振られても再び立ち上がるその姿はまさにフェニックス!」って、乗るんぢゃない(笑)。

しかもその幻魔拳。ベッキーのツライ過去を見せるんで「いやや、孤独はいやや」「いやぁ、独身の穴に落ちるぅ」「1人で過ごす40回目のクリスマスがこんなにもツライなんて」「未来が、未来が暗い」「大人って、こんなにも毎日が苦しいのか、こんなにも泣きたくなるのか。夢も希望も無いじゃないか、これじゃ死んだ方がマシだ」って、みんな嘆き過ぎ。しかも「うろたえるな小僧共」のベッキーの一言で「じゃ、出席取るよぉ」って、いい加減にしろよ、お前ら(笑)。
新規プロジェクト17新規プロジェクト18

次の午後の家庭科がまたヒドい。「耕作と林檎の家庭科がんばるZOッ!」って、何だそれ?
新規プロジェクト19
で、迎える講師の先生は当然ベッキー。最初の料理で鰹節を削るんですが「いやだ、すっごく生臭くて濃厚な匂い。でも嫌いじゃない」「あーん、わぁ、こんなの初めてぇ。先っぽから美味しいお汁がピュピュって…」には耕作もブチ切れ。でも「ごめんなさい、先生先走っちゃったみたい、先走りだけに」って、懲りないなぁ(笑)。
新規プロジェクト21

さらに耕作に鰹節を削らせますが「もっと早く」「もっと優しく」「もっとリズミカル」「毎晩やってるように」って、オイ(笑)。
新規プロジェクト22

で、出来たごはんが鰹節に麺つゆをかけただけのぶっかけごはん。その理由がごはんを作る気にもならないまたも悲しい独身女の実情。お、重い(笑)。
新規プロジェクト23

しかも事ある毎に林檎に突っかかるベッキー。さしもの林檎もすりこぎ棒を持ち出す始末。
新規プロジェクト24
さらにまな板を用意すると言われて林檎の胸と間違えたと言われた時は包丁にバージョンアップ。
新規プロジェクト25新規プロジェクト26
そして「練乳と間違えて貧乳をチョイスしちゃったよ」は完全にケンカを売ってる状態。
新規プロジェクト27新規プロジェクト28
しかもケンカを売った理由が「妬ましいのよ」とは…アンタ本当に教師か?(笑)

「私、貧乳じゃないもん。小さく見えるのはデブとオッパイお化けのせいなんだから」って、林檎もケンカする相手を増やすんぢゃない(笑)。
新規プロジェクト29

で、危うく本当のケンカになるところを継の機転でお料理対決に。でも家庭科の教師相手に大丈夫かと思ったら案の定、激マズなみそ汁。しかもなぜ出汁を上履きの中敷の茶色い部分から取る。つうか出汁とは言わんだろ、センス疑うぞ林檎(笑)。最初は「生命のスープ」とか無理矢理理由を付けて褒めてた耕作、褒め続けてみろ(笑)。
新規プロジェクト30新規プロジェクト31

またベッキーもある意味同じで出したのはごはんだけ。またか、と思ったらおかずは裸になったベッキーの女体盛り(笑)。そして「早く食べないと賞味期限がき・れ・ちゃ・う・ぞ」って、耕作の言う通り賞味期限とっくに切れてるから(笑)。
新規プロジェクト32

これだけやってクビにならない理由はお父さんが県会議員なこと。権力利用してるなぁ(笑)。

さすがに「さぁみんな、先生を食べて。いや食らい尽くして、主に男子」「そうよ、そうやってみんなで先生をメチャクチャにぃ」に男子生徒は切れて、窓からベッキーを落とします。うん、仕方あるまい(笑)。
新規プロジェクト33

さらに放課後、みんなで行った買い出しの帰りに寄った美濃田茂ロックフェスティバルの会場。ビジュアル系とかで参加しようかと話しは盛り上がります。
新規プロジェクト34新規プロジェクト35
が、別の企画で出てる人がいました。当然ベッキー。でも名前はAKB40。48ぢゃ無いのと思ったら「アラフォー 教師 ベッキー 40歳」の略。しかも歌の「ポニーテールの四十」はそのままEDになだれ込む。なんだかなぁ(笑)。
新規プロジェクト36

しかし、ベッキーの中の人の斉藤千和ちゃん。いつもながら役者魂に頭が下がります(笑)。