今週の「銀の匙 Silver Spoon(第2期)」第10話は御影の決意の続き。

御影牧場から寮に帰って来た御影と八軒。で、家族会議はどうなったの…と思ったけど、この御影の表情は上手くいったようですね。
新規プロジェクト1
そして駒場に連絡。そこで、家を継がないことになったと御影。そして駒場に御影牧場を譲り受ける気はないかと聞きますが「御影さんが代々守って来た牧場だろ、潰れた農家のガキがラッキーとばかりに乗り込むのはなんか違う気がする。それに俺は俺の牧場が欲しい」と駒場。まだ完全にはあきらめていないみたいですね。
新規プロジェクト2

翌日、中島先生のチーズ作りを手伝いながら大学を目指す事にしたと御影。第1志望は大蝦夷畜産大。そしてあそこは高い学力を要求されるので八軒が面倒を見るようです。
新規プロジェクト3

その八軒は早速、御影のテストを見せてもらいます。が、「常磐より全然いいよ」って、そんなにヒドいのか御影(笑)。
新規プロジェクト4新規プロジェクト5

たしかにテストを見ると作物や畜産といった農業に関係する科目はそこそこだけど、英語や日本史といった一般教科は全滅(笑)。
新規プロジェクト6

ここでの御影と八軒の会話が面白い(笑)。
「だって歴史上の人って同じような名前ばっかなんだもん。平家は盛ばっかだし徳川は家ばっかだし」
「家畜だって似たようなもんだろ、バークシャーとかハンプシャーとかヨークシャーとか」 
新規プロジェクト7新規プロジェクト8
新規プロジェクト9

無理矢理教えても逆に勉強嫌いになっても困ると悩む八軒ですが、前に自分で言った得意分野に引きずり込めばいいと言う言葉を思い出します。

で、馬(笑)。とりあえず「相馬野馬追って知ってる?」と聞けば早速食いつく御影。ここから平将門に平清盛、そして源義経の一ノ谷の戦いで馬で断崖絶壁を駆け下りた話をすれば食いつく食いつく。やり方がわかったようですね、八軒(笑)。
新規プロジェクト10

そこに先輩が本格的にピザ釜をやることになったので企画委員会に入れと八軒に言いますが、御影が心配な八軒は初めて断ります。「断らない男」の八軒が断ったので先輩もビックリ。でも友達のためぢゃ仕方無いなとあっさり引き下がりかけた先輩ですが、相手が御影だと知ると別。靴下の臭い攻撃で八軒にイヤミ(笑)。
新規プロジェクト11新規プロジェクト12

その帰り、何かにつけてごめんねと謝る御影ですが、エゾノー祭の時の感想・意見ノートにあった言葉を思い出して言い直します。「進路のことも、親とのことも、八軒くんのおかげで一歩踏み出せたよ、「ありがとう」」
新規プロジェクト13新規プロジェクト14

その御影に一緒に部活に行こうと栄。ここで衝撃の事実発覚(笑)。自分で出来る事は少しでも自分でやらなきゃと言う御影に「愛だね〜」とからかえば「なによ栄ちゃん、そ、そんなんじゃないよ」。
新規プロジェクト15

で、おどろく栄の言葉。「 え、あんたら付き合ってるんじゃないの? そこまでいっておいて決定打なし? バカなの?」。まぁ、御影ですからねぇ。「どうせバカよ、頭悪いのよぉ」と言うセリフも意味が違うような(笑)。
新規プロジェクト16

一方、八軒も部長におまえら付き合ってないのかと突っ込み。「断らない男」に代わる新しいニックネームが決まりましたね、「リア充(仮)」(笑)。
新規プロジェクト17

でも馬術部の仕事が何事も楽しそうな御影。
新規プロジェクト18新規プロジェクト19
新規プロジェクト20
それを見て中島先生が「勉強の息抜きを馬でしているのでしょう。文と部、どちらにも好影響を与えると良いですね」って、それほど勉強は大変なんだね、御影(笑)。
新規プロジェクト21

御影への教え方で問題は馬が出て来なくなる現代。それなら中退してるとは言え元東大の兄貴を頼ったらと皆んな。出来れば連絡を取りたく無い兄ですが、意を決して連絡。するとノートとか虎の巻とか残してあるから自由に見ろと慎吾。ただし、置いてある場所は更に敷居が高い実家。それに慎吾は取って来てくれない、理由は父親に会いたく無いから。似た者兄弟だなぁ(笑)。

そんな八軒を心配する御影。「私に出来る事があったら言ってね、何でもするから」は八軒には殺し文句。
新規プロジェクト22
もっとも御影に他意はないけど、八軒も男。当然、視線の行き先は…(笑)。
新規プロジェクト23

でも理性を保って「御影、お前がやるべきは勉強だ。これは明日の分のテキスト、俺が留守の間やっといて」と八軒。素直な御影は「ガンバロ〜オ〜」とか言ってるけど、かろうじて理性を保った八軒はそれを見抜かれてキモいとまで言われて撃沈(笑)。
新規プロジェクト24新規プロジェクト25

次の日の早朝、始発で列車に乗りに行く八軒。西川や別府に見送られます。そこに常磐も来ますが、常磐の土産の男湯で温度を一定に保ったヨーグルトは要りませんよね。でも西川の「これ、女子風呂で作ったら一部の人間に高く売れんじゃね?」は神(笑)。
新規プロジェクト26

そして列車を待ってる八軒は御影の土産のフレッシュチーズと「ありがとう」の言葉に御影牧場での家族会議を思い出します。

家は継げない、馬に関わる仕事がしたい…出来れば輓曳競馬の裏方の仕事。当然皆んなビックリします。急に言い出すなんてと。
新規プロジェクト27

そこに急ぢゃないと八軒。「御影はたぶん、ずっと言えなかっただけで、それなりに信号出してたと思います。ずっと自分を抑えて律して来たと思います。馬のことだと本当に楽しそうに話してくれるんです。もっと御影のこと見てやってくれませんか?」
新規プロジェクト28新規プロジェクト29

そしてお父さんに友達に言ってもらうんぢゃなくて自分で話せと促されて話し出す御影。出来れば輓曳競馬で調教師をやってる伯父さんのところで働きたいと。そんな御影にお父さんも助力したおかげで伯父さんは1つの条件を出します。大学を出ろと。
新規プロジェクト30新規プロジェクト31

でもただでさえ駒場牧場の借金を引き継いだのに、更にお金のかかる大学に行くなんてと御影は言いますが「金の話じゃなくて、お前の将来の話だ」とお父さん。
新規プロジェクト32新規プロジェクト33

で、ここから現実の話(笑)。
「でも私、そんなに頭、良く無いし」
「そうよ父ちゃん、この子の成績知ってる?」
「あぁ、こいつがバカなのは知ってる」
「ユルユルの推薦でエゾノー入れたので万々歳なのに」
新規プロジェクト34新規プロジェクト35
さすが両親、分かってます。そして御影も「冷静にバカにされてるけど言い返せない」(笑)
新規プロジェクト36

そこにひいおばあちゃんが一言。「アキ、好きな事やりたいなら、好きな事についてキチンと勉強しな。お前、馬に育ててもらったべ。半端な気持ちで挑んでは馬に失礼だぞ」
新規プロジェクト37

これで具体的な話に変わります。どこの大学に行くか? 馬について学べて学費の安い公立…大蝦夷畜産大学。
新規プロジェクト38

でも問題はここでも学力(笑)。「あそこアキの頭で入れるかい?」「家、継がないで更に大学落ちたらどうすんのさ、つかこのままじゃ落ちるの確実っしょ」「そうよ、このご時世にすぐ仕事見つかるかわかんないわよ」「無謀じゃないかね、畜大は?」「女の子1人、たいした学歴無しで仕事も無しで苦労するのは目に見えてるべさ」「そんなことになったらどうすんの?」
新規プロジェクト39

ここで八軒が助け舟。でも言い方が良く無い(笑)。「それなら、あの、俺。責任取ります。御影に自分のやりたい事やってくれって焚き付けたの俺なんです。だから責任取ります」
新規プロジェクト40新規プロジェクト41

この言い方ぢゃ、おじいちゃんとおばあちゃんとお母さんは「それって」「つまり」「アキを嫁に」って反対する人はいないんかい…あ、お父さんがいた。「許さーん!」(笑)。
新規プロジェクト42新規プロジェクト43

で、言い直して「御影が大学へ入れるよう俺が勉強見ます。それじゃダメですか、それでも御影の夢、許してくれませんか?」

そして最後にお父さん。「俺に出来るのは学費を捻出してやることだけだ。お前の夢が本気ならやってみろ。夢が叶うにしろ叶わないにしろ、お前の本気を支えてくれる友達を裏切るようなまねだけはするな」。
新規プロジェクト44新規プロジェクト45
新規プロジェクト46新規プロジェクト47
いいお父さん、そして家族ですね(笑)。
新規プロジェクト48