今回の「アウトブレイク・カンパニー」は冒頭からかましてくれます。

的場に頼んだ物が全然違うと文句を言う慎一。
その慎一に的場が「「なんちゃおかえり」はそんなにダメなのかい?」と聞くと、その答えが「おかえりの制作会社やスタッフはとても素晴らしいと思います。ただ…監督がダメなんです!!!」(爆笑)
関係方面各所、大丈夫かぁ(笑)。

さて、本編。

そんなこともあって、慎一が自分でアキバに買い物に行くことにしたことを聞かされるミュセルはとっても不安そう。
で、慎一達に「訳あって私はお見送り出来ませんが、旦那様のお荷物は玄関に置いておきますので」と妙に棒読みなミュセル。あれ? 慎一が用意したバッグよりも多くね? と思ったら案の定、ミュセルが忍び込んでいました。やるなミュセル(笑)。でも、バッグから顔を出したミュセルがホラーっぽい感じに思えたのは私の気のせい?(笑)

obc_07_035さぁ、ここからミュセルの初体験シリーズが続きます。

最初はトイレシャワーに悲鳴をあげるミュセル。水道に驚く、「飛び出しボウヤ」に驚く、自動販売機を見て「モヤモヤする千円自販機」と言っちゃう(これも大丈夫か?(笑))、切符や改札に驚く、電車に「お邪魔しまーす」と言って乗り込む、電車を降りたあとハンカチを振って見送る。

アニメショップ(どう見てもアニメイト)で、声優さんのお渡し会を見てボヤく慎一に「私で良ければ今度ブルマ生写真いたします」と言っちゃうミュセルは健気だなぁ。

立ち食いソバ屋ではわさびを丸ごと食べちゃう、H本屋に知らないで入ろうとする。そして最後にメイドカフェに行くことを希望します。しかし、本物のメイドであるミュセルがメイドカフェに行くとは(笑)。

純粋なミュセルに対して慎一は妄想しまくりだな。そのミュセルが着る着替えが「欲望のままに!」Tシャツ(笑)。これで欲望に火がつく慎一ですが、そこはさすがに慎一。ミュセルの「美味しいです。オムライス。」の寝言に我にかえります。

しかし、これをペトラルカが知ったらあとがコワい…(笑)。