いよいよ最終回を迎えた「機巧少女は傷つかない」。

とりあえずシンと「坊っちゃま」には一矢報います。夜々の全力攻撃、胸がスッとしましたね(笑)。そして魔力を使い切ったシンに魔力を与えにくるだろうと読んだ雷真の考え通り、リビエラの嗅覚で「坊っちゃま」を見つけ出します。その正体は夜会執行部議長セドリック・グランビル。でもこの姿も仮。後半、シンの前で変身を解いて晒す姿は第八七位のアリス・バーンスタイン。

新規プロジェクトまた、もう一つの真実が…シンによって殺されかける雷真を助けるため、夜々が真の実力を発揮します。その姿は金色の髪と水晶に輝く額の角。この夜々の実力にはさしものシンも逃げるしかありませんでした。この夜々の実力。そしてシンが言いかけた正体ってなんなんですかね。あらたな謎が生まれてしまいました。

それは硝子の言葉にも現れます。「夜々は大丈夫。坊やを食べてますます近づいていくでしょう」
そう言えば夜々が雷真を食べると言うのは以前にも話に出てましたね。食べるってどういう意味? 近づくって何に?

最終回でこれでは第2期をやって貰わなければ欲求不満になりますね。

そんな中、それでも少女達は元気です(笑)。

まずはブリュー姉妹。
「あなたの方が1インチ大きいじゃない」「身長? 同じくらいだよぉ」「胸…胸よ胸! あーん、やだぁ…一生言わないつもりだったのに〜」
そして止めのシグムントの一言。
「言いにくいことだが君の秘密…つまり上げ底のことは、とっくにバレている」(笑)

そして雷真の病室で怒濤の展開(笑)。
 
雷真「こうやって並べてみると確かに姉妹だな。よく似てる」
シャル「どこ見て言ってるのよ。あぁ、そうだったわね。あなたは女性の価値を胸でしか判断できない変態乳星人だったわね。あなたみたいな変態、そこの乳とよろしくやってればいいわ!」
フレイ「大きいの別にいいことぢゃない。お風呂で大変。腕がダルくなる〜」
新規プロジェクト2シャル「なにそれイヤミ? どうせそんな心配いらないわよぉ」
アンリ「お姉様、元気出して下さい、大丈夫。雷真さんは小さいのもイケるくちです。大小ともに獣欲はかき立てられるタイプです」
雷真「妙な言い方をするな! おれはどんな欲類だ」「あとお前らの場合、問題は胸の大小ぢゃないからな」
アンリ「そんな言い方ヒドいです。私のこと、他人ぢゃないって言ってたくせに〜」
シャル「えぇぇ。他人ぢゃないって、どういうことよ」
新規プロジェクト3フレイ「雷真、変態やろう、強姦魔」
雷真「アホ! お前らの誤解は留まるところを知らねぇのか!」
 
あれ? 夜々が参加しないと思ったら一言。
「うふふ…雷真たら、女癖が悪いなんて…うふふ、うふふ、うふふ、うふふ〜」
夜々のコワさに、思わずシグムントとラビが身を寄せるほどでしたね。

新規プロジェクト4そして止めの一言。
「ところで雷真。今、夜々に相応しい男になるって…」「雷真は今のままで十分ですぅ。だ・か・ら…今すぐ夜々をお嫁さんにしてください!」
「断る!」
「じゃぁ結婚してください!」

あぁぁ、最後まで少女達は元気でした(笑)。