さて、今週の「ヴァルヴレイヴ」。最終回直前で、いよいよハルトやエルエルフの逆襲が描かれると同時に、また今週も主要人物の死が…。

あいかわらずドルシアとARUSによるハルト達を人類共通の敵とする攻撃が続きます。この危機を逆転するためにハルトとエルエルフは、今やドルシア・ARUSの前進基地と化したモジュール77を奪取しようと画策します。自分達の居場所を得るために…。そしてハルト達はヴァルヴレイヴで外側から、エルエルフは内側から仕掛けます。

そんなエルエルフの前にアードライが…。でも、アードライは自分を撃った時のエルエルフがハルトにジャックされていたことをサキから聞き、逆にサキを逃がした後、イクスアインに捕まって銃を向けれてしまします。

なぜサキを逃がしたか理由を問われます。それを教えると逆にイクスアインからも真実を教えられます。カインはマギウスに乗ったられた別人で真実を知ったハーノインは殺されたと…。 そう、ハーノインの形見のイヤリングにイクスアインは気づいていたんです。

新規プロジェクト彼らはエルエルフも交えて再び協力しあうことを約束します。人類をマギウスから解放して世界を革命しようと。

一方、ハルトはヴァルヴレイヴ1号機を受け取るためにショーコ達の元へ。未だに真実を知らない地球へ降下しなかった学生達は「なんとかしろ」とショーコに迫ります。ハルトが何故カミツキになったのか、その理由をピノから知ったのにショーコはやむを得ずハルト達を敵扱いします。そしてあくまで首相として振る舞わなければならないショーコの実情を知ったハルトは、必ずみんなに真実を伝えることを決意します。

方法は一つ。モジュール77の会場にいるドルシア総統をサキと同じ方法で世界中にその正体がマギウスだと教えること。そして、世界中の放送を中止させないため衛星通信をハッキングすること。内側はエルエル達の、外側はアキラ達の担当になります。

新規プロジェクト5そして作戦が成功してエルエルフがドルシア総統ののどを切り裂いても死なないことを世界の目の前で晒します。 サキの時以上に衝撃を受ける人々。そしてショーコはハルトの言葉を思い出します。「世界のウソを暴いてやる」と。

一方、悲しみの時が近づきます。1つ目はハルト。 戦いの最中、ピノが警告します。「ルーン、流出してる」。そしてマリエ同様、記憶が壊れ始めます。でも、ショーコとの思い出が壊れる中、ハルトは決心します。「逃げてたら僕らに未来は無いから」。

新規プロジェクト2そして2つ目はライゾウ。通信衛星をハッキングしようとするアキラを守って戦うライゾウの前に立ちはだかるクーフィア。戦うのが好きだと思われているクーフィアはエルエルフ達に協力を要請されず、相変わらずドルシアで戦っていたんです。そして一瞬クーフィアに勝ったと思ったライゾウはアキラの目の前で散っていきます。

「ヤマダ…ヤ、ヤマダ…いやぁ! ヤマダ!」
 「じゃぁな、アキラ」

新規プロジェクト3そしてライゾウの最後の言葉はライゾウらしい友への言葉。

「ノブのやつ意外と寂しがりやでよ。防御はちゃんとヤレか…その通りだよなぁ…オタマヤ」

これじゃぁ、来週の最終回は誰が死んでもおかしくないですね。一番、フラグが立っているのはハルトだよなぁ…うーむ、早く来い、来週。