いよいよ最終回を迎えた今回の「革命機ヴァルヴレイヴ」。予想通り、怒濤の最終回でしたね。

エルエルフ達によってドルシア総統の正体を世間に晒すことに成功したハルト達。ショーコも含めて世間に同様が走りますが、それも一瞬。アキラがカインに直接攻撃されて、衛星中継は中断してしまいます。そして直ぐさま101人評議会に寄よる情報操作。ドルシア総統の映像もハルト達による改変とされてしまいます。

新規プロジェクト1一方、急遽アキラを助けに来たハルトも苦戦。そこに新たに駆けつけるイクスアイン。ハーノインの敵であるカインを相手に奮闘。でも相手はブルーを擁したヴァルヴレイヴ2号機。最後は0射撃で同士討ちを図りますが、口惜しいかな、カインに破れて戦死してしまいます。

同時に駆けつけたアードライの行く手を阻んだのはクーフィア。こいつ最後まで強いヤツと戦いたいという、自分の欲望のままに生きていましたね。で、最後はクーフィアを説得しきれずに間違ってコクピットを撃ってしまったアードライによって戦死。正直、ザマぁ見ろって感じです。ライゾウの敵でもありますしね。

新規プロジェクト2そしていよいよカインです。記憶が壊れながらも懸命に戦うハルト。でもカイン相手では大苦戦です。そこに駆けつけるエルエルフ。とんでもない提案をします。「オレを使え」と。なるほど、その手があったんですね。

そして再度カインに肉薄するハルト(見た目はエルエルフだけど中身はハルトなんでハルトと呼称します)。ピノもブルーを説得します。「やめてお兄ちゃん。私、この人間、キライじゃない」

カインは言います。先に攻撃したのは人間。だから身を隠してまで生きて来た。しかも有力者と取引をし、ある一定数の人間を補色できるようにもした。そのシステムを壊そうと言うハルト達こそ悪なんだと。

うーむ、受難の歴史だったのは同情もしますが、でも非常に一方的な言い分ですね。そして、それ以上に許せないのは世界の有力者です。2枚舌のARUS大統領なんて、まさにそんな感じですもんね。

新規プロジェクト4また、そんな中、ショーコにハルトを引き渡せと迫り、直接ハルトを撃ったイオリも友達に言われて動揺します。「でも、イオリのお父さんを殺したところは見てない」こちらも正直、ザマぁ見ろって感じです。

そしてケガをおして来たリオンが言います。「確かてみようよ」「話をするのよ」「本当のことって直接聞かないとわからないものなのよ」。あぁぁ、決断が遅かった。

新規プロジェクト8カインは最後に言います。人間とマギウスは別々に暮らすべきだと。その言葉がハルトに火をつけます。「あなた達も人間と一緒に暮らそうと思ってた」「でも、傷ついたから諦めた」「僕の友達は自分を照らしてくれた光を失っても、彼女の夢を果たすために立ち上がった」「僕が大好きな女の子はお父さんを失っても、それでも総理大臣であろうとがんばってた」「傷ついても傷ついても諦めなかった皆んなのために、あなたには負けられない!」

そしてハルトはカインに勝ちます。全ての記憶と引き換えに…。
新規プロジェクト6新規プロジェクト7
新規プロジェクト9新規プロジェクト10
新規プロジェクト12新規プロジェクト13
新規プロジェクト11
新規プロジェクト15そしてエルエルフに看取られて息を引き取ります。

最後はアキラのモノローグ。
世界が大混乱になったこと。再び101人評議会もマギウスを隠しきれず、再びマギウス狩りが始まったこと。ハルトの死を知ったショーコはハルトと話し合えなかったことを泣いて悔やみながらも総理大臣として前を向き始めたこと。そしてハルトの希望通り、皆んなが居場所を手に入れたこと。

新規プロジェクト3最後に異星人を迎えるヴァルヴレイヴ1号機のパイロットがショーコってのだけは個人的に受け入れがたかったなぁ…。だって、サキの方が可愛いぢゃないですか。ハルトの記憶が無くなるって聞いてちょっと喜んじゃうんですよ。「だって、幼なじみって最強じゃない。記憶が消えたら、あたしは彼女と対等になれるんじゃないかって。イヤな女よね、ホント」 うーん、やっぱり可愛い(笑)。

あ、そうそう、まさかサトミとタカヒが結婚して、その式にエルエルフとアードライが参列するとはねぇ…その上、ブーケをアードライが取っちゃうとは(笑)。