今回の「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」は、2話まとめてお送りします。

正太郎の学校の文化祭に珍しく参加する櫻子。
23

でも途中で何故か理科室に行ってしまいます。目的は標本。
4

「これしかないのか?」

ここで磯崎先生が入ってきて櫻子の職業を知り、理科標本を見て欲しいと頼みます。死んだ全担当・佐々木先生の残したものを。
6

そこで櫻子が骨格標本の整理を手伝います。まずリストを作って。
7

そして猫の頭蓋骨を愛おしむように撫でる櫻子。
8

さらに佐々木先生の私物の遺品も出てきます。その中に見つけたのは火葬された人間の骨。
1011

その骨の正体は曽根夏子。佐々木先生の生まれつき足が不自由なお姉さんの面倒を見ていた女性。

櫻子が外出してる間に、リストを見た正太郎は猫の骨がリストに無いことに気づきます。あの櫻子が愛でていた骨が。
12

別の日に佐々木先生の私物の遺品をお姉さん・春間小雪に届けに行きます。櫻子に手伝ってもらって。
15

遺品を出すと、もう一つ無かったかと聞かれます。それは赤ん坊の骨。
17

それは夏子が小雪の静養していた離れで産み落とした赤ん坊。早産で死んだ赤ん坊。

それを探し出す櫻子と正太郎。キーワードは徳富蘆花の寄生木。
9

小雪の住む街には、徳富蘆花の寄生木の石碑がある。そこで近くの木の根元を掘ると予想通りに骨の入ったオルゴール。小雪が夏子に送ったオルゴールが見つかります。
2021

ただし、赤ん坊の骨に混じって成人女性の腰椎のかけらを見つけます。別名、小さな乳房。

どちらも佐々木先生が入れたもの。

ここで真実が櫻子の口から語られます。
2223

骨を見る限り、赤ん坊は足の人差し指が長いケルト型。これは珍しくもあり、遺伝する症状。そして赤ん坊を産んだのは夏子ではなくて小雪。そう考える方が産んだ場所も、骨も納得しやすい。
16

逆に勘違いしたのは佐々木先生。夏子が産んだと信じているからその出自に疑問を抱く。つまり夏子の父が佐々木先生、小雪の父親ではないかと。つまり佐々木先生と夏子は義母兄弟だと。
19

考えれば、父親も知れない夏子を連れて来たのが佐々木先生達の父親だと思えば、夏子が父親の連れ子と思うのが自然。

だから、夏子を火葬した骨を、添い遂げられ無かったと佐々木先生が手元に持っていた。

そして帰る途中で北鎮記念館に立ち寄ってから、佐々木先生の遺品の写真を小雪に渡しに行きます。小雪と夏子を写した写真。裏に徳富蘆花の短歌をしたためた写真。
2524

「春光台 断腸ちし若人の 偲びて立てば 秋の風吹く」

自分には先が無いと知った夏子が、別れを託したもの。

そして今度は正太郎の謎解き。
26

櫻子の飼っていた猫のアルナ。それは尺骨のうちの片方の名前。ならばもう一方の橈骨の名前のレイディアスは? つまり櫻子が飼っていた猫は実は2匹いた。
5

殺されたという2匹を涙を流して泣いた後、佐々木先生の元へ2匹の遺体を持って行きます。つまり櫻子は共学になる前の女子高時代の正太郎の高校の生徒。そして頼んだのがアルナとレイディアの骨格標本化。
13
2829

ここから櫻子が話を繋ぎます。
27

櫻子の標本師の技術は佐々木先生に教わったもの。そしてアルナとレイディアスは櫻子にとって初めての完全な骨格標本。でも当時受け取ったのはアルナだけ。そこで佐々木先生の元にあるレイディアスを盗んだ。自分の手で修復して完全な骨格標本にするために。

「アルナとレイディアスはいつも互いに寄り添って本当に仲が良かった。昔のように、一緒に置いてやりたかったんだ」 
3031

そしてレイディアスは磯崎先生の許可をもらったから返さなくていいし、手伝うと正太郎が告げます。
3332

しかし最後の叔父の設楽教授の見舞い。

声が出せないようで、会話はディスプレイを通じて行っていましたが、内容が気になります。
14

「今頃になって何故そんなものが必要なんだね?」
「ずっと気がかりだったことを確認したかったんです」
「お前がそんな言い方をする事などひとつしかあるまい。櫻子がそう思うなら気がすむまで調べるといい。ただし、危険な真似はするんじゃないぞ」
「法医学者、設楽教授。すなわちあなたが記した未解決事件ファイル。確かに借り受けました。まさみちさん」
「くれぐれも無茶はするな。それは、お前の手に負えるものではない」
「深入りするつもりはありません。事実を知りたいだけです」

「でないと、私は…」

この会話が次回に続きそうですね。