今週の「だんちがい」は、長女の夢月の話。

 晴輝が学校から帰ってくると、先に戻っていた夢月が晴輝のベッドに。
1

しかもかなりだらしない…というかアブナイ姿。あれ、夢月って完璧少女ぢゃなかったっけ?

でも晴輝が「実の姉のパンツなんて見たくないっつうの」とめくれそうなスカートを整える(笑)。 
2

「学校や妹たちの前じゃ完璧な姉貴だが、俺の前でもそうあって欲しい時もあるんだがなぁ」
3

逆に言うと、晴輝の前では息が抜けると。憩いだね、晴輝(笑)。

そこに羽月と咲月が帰ってくると…あ、見事に晴輝の部屋に脱ぎ捨てた制服に着替えてる(笑)。
4

でもよく見ると右足の靴下が…。
5

それを伸ばす晴輝。完璧さをフォローしてるんだね(笑)。
6

あ、でもこの角度を他人から見ると…

「なに実の姉のスカート捲っとるか〜エロバカアホキ」(笑)
78

しかし今回はフェイスクラッシャーですか。弥生、本当にプロレス好きなんだね(笑)。

お風呂に入る夢月はバスタオルを持ってなく、またも晴輝がフォロー(笑)。
9

晴輝曰く、気をぬくとすぐ忘れ物をする。実は晴輝あっての完璧少女?

この前も「下着を忘れてしまいました。取ってきてくれませんか?」 って、オイ(笑)。
10

で、晴輝が夢月の下着を取りに行くと「なに姉さんのタンス漁ってんの〜」と弥生(笑)。
11

見事な誤解の一本背負いだ(笑)。

晴輝が風呂を出て自室に戻ると、バスタオル姿の夢月。しかもまたも晴輝のベッド。さらにおせんべいを食べながら雑誌を見る完璧なだらしなさ(笑)。
1213

「お風呂の後、着替えるのが面倒で。もう少ししたら退きますから」(笑)
14

こりゃ完璧に妹たちの前で出来ない分、晴輝で生き抜いてるわ(笑)。

しかも退くと言いながら寝た(笑)。
15

それだけ晴輝に対して安心してるんだね。お兄ちゃん大好きっ子の妹と、憩う姉に囲まれてる長男。頼られてるけどその分、大変だね(笑)。