先日から始まった「スペース☆ダンディ」の第2期。

初回からやってくれました。いや、第5話のようなお話ぢゃなくて、おバカの方で(笑)。

ダンディの髪の毛にまぎれていた「ヒモ」を引っぱると平行世界へ移動。その世界のダンディと出会う話…って、いわゆる「ヒモ理論」?
20

そして出て来るいろんダンディ…って、これ、全部元ネタがあるよね。はっきりとはわからないけど(笑)。
1
23
57
89
1011
1314

自分は「イデオン」くらいしか正確にはわからなかった。でもQTがガンガルブぢゃわかるよね(笑)。
6

あ、もちろんベアブリックはわかりましたよ(笑)。
12

しかも全部のダンディとQTとミャウ。中の人は全部が諏訪部さんと佐武さんと吉野さんがやってるでしょ。全て声を使い分けるって、声優ってスゴい(笑)。

おかげで吉野さんなんて女ミャウの声もやってたからねぇ(笑)。
4

佐武さんは正確には「9nine」のメンバーなのに、これまたスゴイですね。終いにはナレーションも別人格を使い分ける凝りよう。これを矢島正明さんでやるんだもんなぁ…やる矢島さんも、やらせたスタッフにも脱帽です(笑)。

しかしキャスト表記で「たち」って…(笑)。
18

そして最後に出て来たのが「かぶらないヘルメットを小脇に抱えて何を考えてるかまったくわからない」ミャウと、「自分はロボットだと言い張るおじさん」のQTと、その2人と一緒にいて「死にたいと嘆く」ダンディ(笑)。
15

さらにメチャクチャになった平行世界が元に戻ったと思ったら、元のダンディではなく「死にたいと嘆く」ダンディが残って、「次回からスペース☆ダンディはこのメンバーでお送りします」と矢島さんのナレーションで閉める。おまけにアバンをこのメンバーでわざわざ作るな、凝り過ぎだ(笑)。
1617

ところでOPとEDは第1期とまったく同じなんですね。それはそれで今では珍しいことですね。まぁ、渡辺監督だからなぁ…いろんな意味で凝っててもおかしくないけど(笑)。

そういえば余計な話ですが、OPの絵や主題歌を変える手法って自分の記憶があっていれば富野監督が始めたことですよね。絵を変えたのは確か「ザブングル」で、主題歌まで変えたのは「エルガイム」かと。