さて、今回の「小森さんは断れない!」。

自分は小森さんにお願いを断られると言うめぐみ。いや、それあなたのお願いが宿題見せてとかばっかりだから(笑)。
1

それに同意見のまさ子は「私の場合は…断らせないわ」って、コワイわ(笑)。
2

さらにお願いされても無理な話題について話が進むと…
3

「恋愛相談」(笑)。
4

「経験ないものね」と言うまさ子に経験あるのかと聞けば…

「私はしゅり一筋よ」って、オイ(笑)。
5

重いものを持つ小森さんにまさ子も持てそうだと言うと…
7

実行するな。「結構、恥ずかしいね」(笑)
8

今度はまさ子が小森さんを持ち上げると言います。いや、それは無理でしょ?
9

あ、傍に手を入れるのは小森さんNGね(笑)。
10

「弱いの?」「うん」(笑)
11

って、何見てる九郎(笑)。

めぐみが学級委員の仕事でまさ子は目立ってると言うと、自分は日陰者だからそんなことはないと言うまさ子。
1213

どこが?(笑)

さらにまさ子に興味を持つ男子生徒の話を聞く小森さん。
14

そこに味を占めたまさ子が傍に手を入れると…
1615

「インディーズがメジャーに」と小森さん(笑)。
17

そういう言い方があるか(笑)。

で、今回のオチ。

自分も誰かに頼られたと思うめぐみは小森さんに聞きます。「しゅり、何か私に頼み事はない?」
19

「宿題を頼るの止めて」「そうくるか」(笑)
20

今回は平和でしたね(笑)。