さて今週の「レーカン!」。まずは夏休みに海に遊びに行く話から。

夏休みにみんなで海に遊びに行くことになった一行。しかも人がまったくいない珍しい海岸。
1

それにはわけがあります。って、オイ(笑)。
2

さらに怖がる成美の写真を撮って「大漁、大漁」と言い出す佳菜。慣れすぎだ(笑)。
34

今回は保護者付き。それは山田のお兄さん。なんと警察官。あ、京子、元ヤンだから隠れた(笑)。
56

5人は水着を披露。特に響は白ビキニ。意外だと思ったら選んだのは佳菜。
7

あ、他がこれぢゃ白ビキニの方がマシか(笑)。
8
910

その響を佳菜が写真に撮ろうとすると…響を守る霊たち、その方が「着てない、履いてない」に見えてかえってヤバイことに早く気付け(笑)。
11

海の中を覗けるボートを出すと…「あ、こんにちは」って、こんな時まで止めなさい響(笑)。
12
1314

ところでそのゾンビビーチボール。持ってきたのは真琴でしょ(笑)。
16

スイカ割りを響がすると、触れただけで見事な8つ切り。って、こんなとこまで着いてくるな代返侍(笑)。
1819
20

山田のお兄さんが響に霊感で予知とか出来るのと無知なことを聞きます。すると律儀な響は「何か変わったことはないか、地元の方に聞いてみますね」って、霊に聞きに行くな。確かに有名な海岸だけど(笑)。
21

さらに午後7時18分に帰りの電車に乗る、そしてその電車の窓から崖を見る事…って、教えるな地元の霊(笑)。

そして海から帰る時。波打ち際に「おすすめは何ですか?」と砂に書く響。すると波が引いた後に「今年はスズキが美味い」って、だから地元の霊、親切すぎ(笑)。
2223

さらに波が引くと「お土産にどうぞ」とハート型の桜貝(笑)。
2425

そして地元の霊の言う通りにすると、見事な打ち上げ花火。
26

でも崖から飛び降りた霊は「命」って、ゴルゴ松本ぢゃないっての(笑)。
2728

ところで海にまで隠れて着いて来たセクハラネコ。でも響を守る霊の鉄壁さに海底に引きづり込まれるし、ボートは柄杓とタライで水没。ま、自業自得だね(笑)。
1517

後半は京子の元ヤン話。

響に電話をかける佳菜。すると不在通知。でも「発信音の後のメッセージを…今、あなたの後ろで聞いてるの」って、オイ。響の周りの霊はいろいろコワくて親切すぎ(笑)。
29

京子は元ヤンなのが山田のお兄さんにバレて大量のメール攻撃。実は山田のお兄さんとはヤンキーだった中学時代の顔見知り。その時の京子は通り名が「灼髪(しゃくはつ)の救世主(メシア)」と言う有名人。でも今となっては恥ずかしい過去(笑)。
30

で、大量のメールは実はファンレター。山田兄、いい加減にしなさい(笑)。

でも京子はヤンキーとは言え、当時は女の子に絡んでる男子をやっつける男気にあふれたヤンキー。
3132

すると山田は響にも恥ずかしい話がないかと尋ねます。それに答えた響の話。

子供の頃。「夜は寂しくて一人では眠れませんで…でも皆さんがお付き合い下さって」って、普通はそれがコワイの(笑)。
33

「やぁ」「大丈夫、怖くないよ」「何かお話ししましょうか?」 で、当時の響は「はい」(笑)。
3435

さらに京子は心霊体験もしたと告白。それは路地裏でケンカになった時の事。「助けて…お願い、助けて」と言う女性の手が見えた京子。思わずその手を掴んで表通りに連れて行きます。そこで振り向いて見ると…。
3637

「自分しか気づかない手がそこにあったらさ…あれこれ考える前に取っちまうよなって…そういうのは何かわかる」と京子。響の気持ちがわかったみたいですね。
39

ところでその時に会った警官が山田兄。でも会っていきなり「メシアちゃんだよね? やっと会えた灼髪のメシアちゃん」とか言うな(笑)。
38

「いやぁ、女の子のヒーローっぽいのがいるって署でウワサになっててさぁ」って、さすがヒーローになれなくて警官になったヒーローフェチの山田兄(笑)。

そして腕だけの霊の本音。「うっかり死んだ腹いせに…突き出してやろうと思ったのに。働け警察官」(笑)
40

今週も見事な霊話でした。ギャグだけど(笑)。