さて、今週の「夜ノヤッターマン」は、ヤッターキングダムの実態が描かれます。

前回、ヤッターメトロポリスへ向かった5人。でも先立つ物が無いのでボヤッキーの怪しいステッキを売ろうとしますが、どう見ても棒っきれが売れるわけがない。この辺の才能はご先祖様の才能を引き継がなかったようですね(笑)。
23

むしろガリナの裁縫の才能の方が、みんなを助けます。それはお腹の大きくなった女性の生まれてくる子供の服を作った事。
45

そしてご主人にお礼だと出された具いっぱいのすいとん。以前は食べれなかったもの。でも奥さんに言わせれば、この辺りも不作。おまけに消費税は、なんと80%。
67

「幸せなのはヤッターマンだけか」

ところでお腹が空いてるならブタのオダさまを食べればいいぢゃないかと言うガリナの提案は全員で却下。ま、トンズラーだけは「まだ早いで」とニュアンスが違うけど(笑)。
9

ま、ドロシーも言ってた事だしね。「ブタは大切にしなければならないって、昔から言い伝えられてるのよ」
1

奥さんの提案で蒔きを拾いに行きます。でも拾っているのは男だけで女性は天然の温泉に浸かります。
1110

この状況で覗かないのは男ぢゃ無い。とばかりに猿に化けて覗きに行きますが、温泉にいるのは猿。女性陣はあがった後(笑)。
1213

そしてガリナも覗きに加わっていたんですね。で、ドロンジョが「ガッちゃん。覗きはダメ、絶対」(笑)。

その帰りにオダさまが感づいたように、村にはヤッター兵。目的はヤッターメトロポリスで働く人手の強制召集。その赤い令状の内容は35年の重労働。まるで昔で言う赤紙。
1415

そしてヤッター兵が見る中で「バンザーイ」と無理して喜ぶ村人。それはご主人を取られた奥さんも同様。
16

そしてご主人も「皆さん、ありがとうございます。光栄です。ヤッターマン様のために尽くしてきます」。まるで昔の兵士の召集令状の雰囲気そのまんま。

そこでドロンジョが手助けを決めます。ご主人を奪還し、奥さんと共にヤッターマンの手の届かないところに逃がすと。
17

最初はメカのヤッター兵が相手なんでうまく事が運びます。
1918
20

でも雲行きが悪くなったのは「ゴロー将軍」がヤッターブルを連れて出てきてから。
21

しかもヤッターマンに逆らう事を恐れたご主人は、ドロンジョ達を売ってしまいます。「私のヤッターメトロポリスでの労働を免除して頂きたいのです」
22

ドロンジョ達も猿メカ「エテコー」と小型メカで対抗。
2327

ところで「このエテコーは猿になりたかったと言う私達の思いを全てぶつけたものです」って、オイ、ボヤッキー。一緒に温泉に入れなかったのが、そんなに悔しいのかい(笑)。
24

さらに「いい男は過去を振り向かずに黙って去るものさ」って、戦力に関係の無い仕掛けを仕込むのはご先祖様譲り(笑)。
25

トンズラーもゴロー将軍と一騎打ち。一時期、力で優位に立ちますが、ただの木の棒に対して電撃のギミック付きのステッキ。最後は逆転負け。
2829

ボヤッキーのエテコーもゴロー将軍の電撃を受けたヤッターブルに敗北。
3031

そしてドロンジョ達を裏切ったご主人はゴロー将軍に騙される。「ヤッターマン様のために働けるのだぞ。光栄に思ってもらわなければ困るぜ」
32

そして「そう思うだろ、奥方様」と言うゴロー将軍の言葉に泣きながら「バンザーイ」。
33

ドロンジョが駆け寄ろうとしても「近寄らないで。もう私に関わらないで。ヤッターマン様の敵と関わったなんて知れたら…ヤッターマン様バンザイ」。
34

そして思い知るドロンジョ。「はっきりわかった。ここは地獄だ」
35

それでもリヤカーを引いた3人乗り自転車でヤッターメトロポリスを目指す5人。
36

「ドクロベエ様もご先祖様も間違ってなかったんだ。ヤッターキングダムに住む人達もヤッターマンのせいで苦しんだる」

アルエットに泣いてるの? と聞かれて「泣いてない。いい女はどんな時でも笑うんだ。あ〜はっはっはっ」と答えるドロンジョ。
37

「絶対にヤッターマンにデコピンしてやるからね。力一杯、ママ」

しかし、多少のギャグはあるけど、相変わらずシリアスだなぁ。こうなるとこの状況をどうやって切り開くかがスゴく興味を引きますね。来週も楽しみです。